広瀬歯科医院

インプラント・歯周病治療・入れ歯・審美歯科 愛知県豊田市の歯科|広瀬歯科医院

こちらも併せてご利用下さい

E-PARK 病院

 

HOME»  小児歯科

小児歯科

虫歯の治療と予防

虫歯の治療と予防

 

子供の乳歯は虫歯にとって格好の獲物です。
乳歯は、大人の歯に比べて厚みが半分ほどしかなく、再石灰化力も弱いのがその原因です。
乳歯の虫歯は、将来の歯に大きな影響を与えます。痛みも出にくいので、気がついた時には、虫歯がかなり進行してしまっているというケースもよくあります。そんな事態を回避するために、定期検診で虫歯の「早期発見・早期治療」を心掛けましょう。

当歯科医院の小児歯科は予防歯科が中心です。

お子様がいつまでも健康な歯でいるための治療と、歯の生えかわりなどをチェックしお母さん方をサポートする治療を行って行きます。

 

虫歯の治療と予防

お子様のお口の中は歯が生えたり生え変わったりと著しい環境変化があります。
そのため虫歯のできやすい場所もその時々で変化します。

また、歯も柔らかいため虫歯の進行が早く、あっという間に大きな虫歯になってしまうことがあります。
このようなことから、お母様方がお子様のお口の状況を把握されていることは、虫歯からお子様の歯を守るためには重要なことです。
歯磨きの習慣化も幼児期の仕上げ磨きから始まるのです。

 

虫歯の治療と予防



子供に適したブラッシング方法

乳歯に適したブラッシング方法は歯ブラシを歯の面に平行にして少し力を入れて小刻みに動かす横みがきです。
とくに、歯と歯・歯と歯ぐきの間や奥の方を丁寧に磨いて下さい。
歯ブラシは小さめのものがお勧めです。

 

子どもに適したブラッシング方法

 

子供にお勧めの歯磨き剤

低濃度フッ化ナトリウム(NaF)の効果でエナメル質の脱灰を抑制し、再石灰化を促進してくれます。
虫歯予防の歯磨き剤で歯を強くしてくれます。

むし歯から守るために、年齢に適した歯みがき方法をお伝えしています。

 

乳児期 赤ちゃんの舌には白っぽいカスが時々たまります。
水やぬるま湯で濡らした布でカスを拭き取ってあげてください。
生後7~8ヶ月の時期 生後7~8ヶ月位になると、赤ちゃんにはかわいらしい前歯が生えてきます。
歯の汚れは布やガーゼなどで拭き取ってあげてください。
生後1年を過ぎたら 赤ちゃんの上下の前歯が生え揃ったら、本格的に歯磨きをスタートさせる時期です。
まずは歯に触れられることに慣れさせていきましょう。仕上げ磨きをして口内を清潔に保つようにしたいですね。仕上げ磨きの時には、授乳と同じ抱っこの姿勢で行うと赤ちゃんは安心して歯を磨かせてくれますよ。
回数としては、1日1、2回程度でも大丈夫です。まずは、歯磨き嫌いにならないように、機嫌が良いときに赤ちゃん用の歯ブラシも持たせるなど慣れさせてあげましょう。
3歳を過ぎたら この頃からは自分で磨くようにさせましょう。しかし子供はまだまだ歯のみがき方が上手ではありません。手伝ってあげ、歯磨きをした後はよくチェックしましょう。
5歳を過ぎたら 5歳位になったら毎食後(朝・昼・晩)「1日3回磨き」をさせましょう。
仕上げ磨きで、磨き残しがないかよく見てあげてください。
6歳臼歯が生えてくる頃 6歳位になると強く大きい6歳臼歯が生えてきます。
この6歳臼歯は食べカスも溜まりやすく虫歯になりやすいので気をつけて磨くようにしましょう。



 

乳歯の虫歯予防のために

乳歯はとても柔らかく虫歯にとてもなりやすい為、一生使う永久歯にも影響を及ぼしてしまいます。
永久歯も生えたばかりは、乳歯と同じく柔らかいため、虫歯に大変なりやすいのです。

幼児の柔らかい歯を虫歯から守る治療があります。
乳歯・永久歯の生え代わりと、お子様の歯をチェックし、しっかり守ってあげて下さい。


 

シーラントでのむし歯予防

虫歯になりやすい臼歯などの歯の溝を埋める予防処置がシーラントです。

子供の虫歯予防に効果があり、虫歯の数を3分の1に減らしたという報告もあるほどです。
とくに、生えたばかりの奥歯の永久歯(6歳臼歯)は虫歯になりやすいのでシーラントはお勧めの予防処置です。
しかしシーラントをしたから安心というものではありません。
シーラントの予防効果が機能しているか確認する定期検診が大切なのです。

 

フッ素塗布

歯の表面からフッ素を取り込み、虫歯になりにくい強い歯(歯質)を作ります。
進行してしまった虫歯は自然には治りませんが、初期の虫歯は
歯の再石灰化を促すことで治ることがあり、フッ素がこの働きを助けてくれます。
1回のフッ素塗布では効果が薄いので、3ヵ月毎の定期検診の時にフッ素塗布をして虫歯予防の効果を高めます。

 

サホライト塗布

まだ小さいお子様で治療がなかなか難しい乳歯の軽い虫歯の場合、進行止めのお薬「サホライト」を歯面に塗ります。
サホライトはフッ化シアニン銀の溶液で硝酸銀の殺菌作用とフッ素の虫歯抑制作用があります。
成分の銀が沈着し歯面(虫歯の部分)が少し黒くなり、虫歯の進行を防いでくれます。

 

ページの上へ戻る