広瀬歯科医院

インプラント・歯周病治療・入れ歯・審美歯科 愛知県豊田市の歯科|広瀬歯科医院

こちらも併せてご利用下さい

E-PARK 病院

 

HOME»  入れ歯

入れ歯

入れ歯で悩むなんてつまらない

入れ歯で悩むなんてつまらない

 

入れ歯には総入れ歯部分入れ歯、そして保険の入れ歯自費の入れ歯があり、素材も構造も様々です。
まずは、患者様のお口の状態を診断・診査し、どのような入れ歯がお口にあうかご提案をいたします。
「歯を失ったからこそよくわかる」とよく言われますが、よく噛めて、美味しく食べられるということは最高の喜びだと思います。
当歯科医院では多少時間がかかっても、しっかり噛める入れ歯を目標に治療をして行きます。
保険の入れ歯も自費の入れ歯も一生懸命が私たちのポリシーです。

 

保険の部分入れ歯

部分入れ歯は周囲の健康な歯に固定する入れ歯です。
プラスチック(レジン)でできた土台(床)の上に歯を並べ、それを金属のバネで固定します。
入れ歯を快適に使用するために、一番大切なことはバネをかける歯をしっかり治療することです。

当歯科医院ではこの治療に力を入れています。

そのため使い始めてすぐに、歯がグラグラ・入れ歯がガタガタなどといった不快なことがなくなるのです。
また、保険の入れ歯でも補強するための金属線を入れてますので長持ちします。
しかし、そのために厚みが必要になるので違和感は多くなるかもしれません。

 

保険の部分入れ歯の長所


費用が安い
土台(床)の金属補強で長持ち
手術などの必要がない
 
 

保険の部分入れ歯の短所


厚みがあり違和感がある
長期的な変色や磨耗がある
口を開けると金属のバネが目立つ
食感や熱の感覚が鈍い
 

 

 

保険の総入れ歯

総入れ歯は歯茎(顎堤)で支える入れ歯で、プラスチック(レジン)製なので若干厚みがあります。
そのため安定感のある入れ歯を作る技術が求められます。

保険の入れ歯でも快適にご利用頂くために、できるだけ精密な型採り(印象)を行い歯肉への負担が均一になるようにしています。また、土台(床)に補強するための金属線を入れてますので長持ちします。しかし、そのために厚みが必要になるので違和感は多くなるかもしれません。

 

保険の総入れ歯の長所


費用が安い
土台(床)の金属補強で長持ち
治療期間が短い
手術などの必要がない
 

保険の総入れ歯の短所


厚みがあり違和感がある
長期的な変色や磨耗がある
食感や熱の感覚が鈍い
 
 

 

 

マグフィット義歯

マグフィットとは磁石式義歯固定装置のことです。
従来部分入れ歯を固定するには残っている歯に金属のバネを付けるのが一般的な方法でした。
ところが、このバネ式では使っているうちにバネが弛んだり、変型したり、果ては折れてしまう、またバネがかかっている歯に大きな負担をかけるためにその歯が痛んでしまうといったトラブルが付き物でした。

また審美的に前歯にバネが見えて格好が悪いなどなど問題が多々ありました。マグフィットは強力な磁石(ネオジウム磁石)を入れ歯に仕込んで、バネがかかっていた歯に磁性金属を接着して入れ歯を固定します。
マグフィット義歯はバネが見えないので、他人に入れ歯と気付かれず、自信を持って会話や食事が楽しめるようになります。

※構造上、歯根が残っていない方にはこの方式は採用できません。歯の無い方は、インプラント(人工歯根)との組み合わせになります。

 

金属床義歯

土台(床)の部分に金属を用いた、軽量・コンパクトな快適な入れ歯です。
保険のプラスチック(レジン)製の入れ歯は厚みを出すことで強度を確保しますが、金属床義歯は土台の主要部分の金属がその役目を担っています。
そのため強度を維持しながらも薄いので違和感が少なく、会話も楽になります。
また金属の高い熱伝導率が食べ物の温度を即座に伝えてくれるので、今までに近い食事の感覚も楽しむことができます。
雑菌や汚れなどを吸収しやすいプラスチック(レジン)製の入れ歯と異なり、衛生的で清潔な入れ歯です。

 

金属の種類

●コバルトクロム合金
入れ歯用として古くから用いられてきた金属で実績と信頼があります。
保険の入れ歯の約1/3の薄さの入れ歯ができ、話しやすさや食事時の熱の伝わりやすさが増します。
耐久性にも優れ、快適な状態で長期間使える入れ歯ができます。

●チタン合金
インプラントをはじめ人工関節など体内に埋め込むことができる体に優しい金属で、コバルトクロム合金の約半分という軽さが特徴です。
軽くて丈夫で金属アレルギーの心配もほとんどない最良の入れ歯ができます。
製造技術の難しい純チタンによる入れ歯もあります。

 

ページの上へ戻る